住宅ローンの返済期間や返済額が少なくて済むためには、頭金は多ければ多いほど有利になります。

頭金0でも家を購入することは出来る?

MENU

頭金0で購入可能?

ひと昔前は、住宅ローンを組むなら多額の頭金が必要でしたが、近年では頭金なしの状態から住宅ローンを利用できるよう、融通を効かせてくれる銀行が増えているのをご存知でしょうか?

 

つまり頭金0からでも住宅購入は可能なのですが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

頭金0でも住宅ローンの審査については、現在抱えている借金やローン返済、税金やローンの滞納がなければ十分に通過可能です。

頭金0最大のメリットは、今しか変えない住宅がすぐに手に入れられる点です。
条件に見合った家というのは、本来なかなか見つけることが出来ないものであり、たまたま巡りあえた土地や中古住宅ならばその時点で買ってしまいたいものです。

 

また、現在は金利が低い状態が続いているため、今のうちに住宅ローンを組んでおいたほうがよい、という投資的なメリットもあります。
銀行によっては、住宅を購入するために必要となる登記代や保証料までも貸してくれる場合があり、かなり利用しやすい状況といえます。

 

住宅ローンイメージ

 

一方で、金利0にはデメリットと言える要素もあります。

一般的には、住宅ローンを組む場合にはローン全額の2割程度を頭金として支払いますが、この2割が将来的に大きな影響を生み出します。

 

ローンは支払いを続けるうちに残高が減っていきますが、同時に購入した住宅の資産価値も下がっていきます。
あまり考えたくはない話ですが、将来的に家を手放す必要が出てきた場合など、その時点でローン全額を返済しきる必要があります。

 

住宅を売ることでローン返済をする訳ですが、金利0で開始していた場合は、ローン完済はほとんど無理なのです。

 

金利0で住宅ローンを開始した場合は、全体の支払い額は大きく膨れ上がるため、頭金を用意しておくことは重要です。
このような問題が表面化するのは10年から20年後と言われていますが、20年後といえば家の資産価値がほとんど0となってしまう時期です。

 

返済期間や返済額が少なくて済むよう、頭金は多ければ多いほど有利となります。