住宅ローンは商品の違いによって将来的に大きな差額が生じるので、じっくり選ぶことが大切です。

購入する前に知っておきたい住宅ローンの種類

MENU

住宅ローンの種類

住宅を購入するためには利用しなければならない住宅ローンですが、それにも幾つかの種類があることをご存知でしょうか?

 

それぞれに利点があるので、借り入れる方によって選ぶべきポイントがあります。

 

一つ目は民間を代表する銀行ローンであり、一般的にはよくある住宅ローンの形態となります。

住宅ローンには実は様々な金融商品があり、それぞれ違った特徴を持っています。
大きく分けると変動金利型固定金利選択型、そして全期間固定金利型があります。

 

住宅ローンでもっとも深く関わってくるのが金利であり、現在の金利で最後まで返済し続けるか、それとも途中で切り替えるか、という選択肢が含まれている訳です。

 

将来的に金利が上がり続ける場合は全期間固定金利型が有利ですし、逆に金利が下がる場合は、変動金利型の方が有利になります。
もっとも主流なのは固定金利選択型であり、一定期間の返済をした時点で、変動金利に移行するかどうかを決定します。

 

基本的には固定金利を続けるかどうかを利用者が選べますが、どちらも申し出なかった場合は自動的に変動金利となってしまいます。

 

 

二つ目は、長期間の固定金利が人気のフラット35であり、公的機関と民間金融企業の中間のような性質を持っているのが特徴です。

フラット35の名前の通り、最大で35年間の長期的な固定金利で住宅ローンを組めるのがポイントですが、そのベースとなる金利は銀行や信金など扱っている機関によって違うため、じっくり選ぶことが大切です。

 

フラット35の場合は団体信用生命保険への加入が別途必要となります。

 

 

三つ目は財形住宅融資であり、会社で財形貯蓄を行っており、それを一年継続した上、貯金残高が50万円以上なければこの住宅ローンを受けることはできません。

上記二つは民間が関わっていますが、財形住宅融資は唯一の公的機関による住宅ローンです。金利は5年ごとの変動であり、定期的に返済額や金利が見直されます。

 

住宅ローンは商品の違いによって将来的に大きな差額となるため、じっくり選ぶことが大切です。

 

住宅ローン控除についてはこちら