古い建築基準法によって建てられた家の場合は、耐震性や耐火性に問題があるケースがあります。

家を購入する時に見ておくべきポイント

MENU

家を購入する時のポイント

家の購入をする場合は、さまざまなポイントに注意しつつ物件選びを重ねることが大切です。そのために覚えておきたい要素は、以下のとおり幾つかあります。

 

まず大切なのは、家の広さや間取りが十分かどうかです。

家が狭いよりは広い方が良いのですが、広すぎると無駄に冷暖房の費用が増えてしまったり、空き部屋が無駄に残ってしまったりというケースもあります。

 

耐震性や耐火性も確認したいポイントです。

これは家が建てられた時期によってわかります。古い建築基準法によって建てられた家の場合は、現代の建築基準から遅れているため、耐震性や耐火性に問題があるケースもあります。

 

劣化の状態については確認が必要であり、実際にドアやサッシ、収納スペースがあればその扉などをどんどん動かす事が大切です。
開きにくかったり、曲がっている場合には、建物自体が傾いている場合もあります。

 

点検口から見えない部分までしっかり確認することも重要です。

水漏れの後や黒カビ、シロアリの通った跡などがないかしっかりチェックが必要です。
カビや黒ずみは部屋の隅などからも確認できるものであり、壁紙が剥がれていたりする場合は、家の通気状態に問題がある可能性もあります。

 

スリッパを履かずに、素足で歩いてみると、床のゆがみや傾きを感じ取ることが可能です。

建物自体の傾きもチェックできるのでじっくり見て回りましょう。
購入してから傾きに気付いた場合は、大きな修繕費用が発生してしまうため、注意が必要です。

 

物件を見学する場合は、車を使わずに現地へ移動してみましょう。

公共の交通機関をどれくらい活用できる立地なのかがわかるだけでなく、その街の治安や雰囲気など重要なポイントがわかります。

 

 

どんなに良い条件の家が見つかっても、その場で結論を出さないことは重要です。
営業の方はプロなので、上手に乗せられてしまい判断力を失った状態で契約に踏み切られることも十分にあり得るので、冷静さを保つことも重要なのです。