住宅ローンの審査をクリアできる資金計画を立てる必要があります。

マイホームを購入するまでの流れとは

MENU

マイホーム購入までの流れ

いざマイホーム購入を考えても、一体何から手を付けたらよいのかやることが多すぎて一歩を踏み出せない方も多いかもしれません。

 

どんな流れでマイホームを購入するのか、その流れについて確認してみましょう。

 

 

まずは現在の資金でどれくらいの規模の家や、地域を選ぶことができるのかをしっかり見極めることが求められます。

物件情報に関する情報を集めて、希望するエリア内に住むことが出来る家を探すことになります。
家を建築する地域の特性についても知っておく必要があり、親類や友人が住んでいるなら、地域について情報を仕入れましょう。

 

中古物件を購入する場合は、周辺の地域や隣人、トラブルの原因となりそうなゴミ屋敷などについても探りを入れておく必要があります。

 

 

条件を絞りこむことができたら、実際に購入の申し込みとなりますが、同時に必要となるのが住宅ローンの事前審査です。

通常は家を現金で購入するケースはほとんどありませんので、ローンの審査をクリアできる資金計画を立てる必要があります。
不動産業者や建築業者などと重要な契約を交わすのもこのタイミングであり、契約書に署名する場合は疑問点を残さないようにして話を進めることが重要です。

 

契約が済んだら、事前審査をクリアしている住宅ローンの本格的な申し込みを行いますが、この時点で審査が落とされてしまうことはほとんどありません。

 

契約書

 

 

新築物件の場合はいよいよ家が建築され、入居することになりますが、その前に内覧チェックを行うことになります。

内覧チェックでは、契約内容と異なる部分や不足した部分を見つけ出し、引き渡し日までにそれぞれの問題を解消してもらう必要があります。

 

家を引き渡してもらう前に、家の総費用から手付金を差し引いた額をすべて支払う必要があります。住宅ローンを利用している場合は、金融機関から直接振り込んでもらうことも可能です。

 

これが終われば、いよいよ念願のマイホームへ引越しし、入居することになります。
マイホーム購入のためにはいくつもの手続きを乗り越える必要がありますが、一つひとつ念入りに取り組むことが重要です。