新築は新しい建材の香りを楽しめるので、予算を組むことができるなら是非選びたいものです。

新築物件のメリット・デメリット

MENU

新築物件について

マイホームを購入する際に必ず考えなければならないのが、新築にするか、建て売りや中古の住宅にするか、という点です。

 

新築物件を購入する場合のメリットやデメリットについてしっかり考えて、マイホーム購入の計画を立てていきましょう。

 

新築物件を購入するもっとも大きなメリットは、間取りや外観を好きなように注文し、デザインすることが可能な点です。

中古住宅などでもリフォームなどを行うことで好みにあわせたカスタマイズは可能ですが、外観や建物の間取りまで好きにできるのは、新築物件でしか実現できないメリットです。

 

また家の建築に使用する木材を選べるのも一つのポイントであり、こだわった材質を選ぶことで資産価値を高めることも可能です。

分譲などの建て売り住宅の場合はこれらのメリットはなく、似たようなデザインの家となりますが、新築ながらも中古の物件にも劣らないコストパフォーマンスが良い場合もあります。

 

また、中古住宅の場合は古い建築基準法にて建築されている場合などがあり、耐震性や耐火性には不安です。
新築の家はマイホームの新しい建材の香りなどを楽しむことも可能な点ですぐれており、予算を組むことができるならぜひ選びたいものです。

 

建設中の家

 

一方でデメリットもあり、もっとも大きなものは値段の高さです。

新築物件の場合は、一般的には一千万円以上の差額が発生することも当たり前で、安定した高い収入源を確保しておくことが重要となります。

 

また、新築物件は中古住宅と違って、実際の建物をみて選ぶことはできません。
自分の注文した家を設計してもらい図面で見て決めることになるのですが、それが本当に住みやすい家なのかどうかを判断することは難しく、実際に住み始めてから浮き出てくる問題点や、後悔をすることは珍しくないのです。

 

分譲住宅の場合は、そのような住みにくい家になってしまうケースは少ないのですが、その地域では似たようなデザインの家が多く、間取りも同じになってしまい、新築物件としては物足りなさを感じるケースもあります。