所得金額が3000万円以下で、住宅ローンの返済期間が10年以上など、様々な条件があります。

住宅ローン控除を受ける方法とは?

MENU

住宅ローン控除

住宅を建築するために住宅ローンを組んでいる場合、条件を満たせば税金の控除を受けることが可能です。

 

これは一般的に住宅ローン控除と呼ばれていますが、最終的に控除される額は数百万円にもなってくるので、その方法についてしっかり知っておく必要があります。

 

住宅ローンとは、年末のローン残高の1%が、その年以降の所得税から10年間に渡って控除される制度であり、通常は源泉徴収されているために確定申告を行うことで手元に戻ってきます。
年末ローンの残高の上限など、住宅ローンの制度はその時代の金利や税率によって制度が度々見直されています。

 

2016年最新の制度であれば残高の上限は4000万円であり、限度いっぱいならば一年で40万円の控除を受け、それが10年間続くことになります。
控除額が税金を超えてしまう場合は、翌年からの税金に回される措置を受けられます。

 

住宅ローン控除を受けるための条件としては、所得金額が3000万円以下で、ローン返済期間が10年以上という条件があります。

 

ローン返済期間が10年を下回ってしまうと控除の対象外となってしまうため、資金繰りによってローンが短縮される場合はかえって損となるケースもあるのです。

 

その他にも、

  • 登記簿に記載される床面積が50平方メートル以上あること
  • 床面積の半分以上が借り主が住んでいる居住用である

などの条件があります。

 

半分以上が店舗であったり、賃貸として活用する場合には、住宅ローン控除を受けられないケースもあるのです。

 

中古物件の場合は、その家が贈与された家であれば控除は受けられませんし、親類から購入した家でも控除が受けられない場合など、条件が増えています。

 

リフォームに住宅ローンを活用した場合も同じく控除を受けられますが、その場合は自分たちが住んでいる家のリフォームである必要があります。
他にも、一定の条件を満たした工事費用が100万円を超える規模のリフォームである必要など、さらに条件が追加されています。

 

これらの条件を満たした上で確定申告を行えば、ローン支払いの二年目からは控除を受けることが可能です。