持ち家と賃貸のどちらが良いかは、夫婦や家族のライフスタイルによって違ってきます。

子育てや金銭面から見る賃貸と持ち家の違い

MENU

賃貸と持ち家の違い

結婚をして子供が生まれ、ある程度の年齢になると持ち家を考える方が増えてきますが、賃貸に住み続けることを選ぶ方も少なくありません。

 

賃貸と持ち家にはどのような違いがあり、結局はどちらが優れているのでしょうか?

 

金銭的な話をすると、持ち家を持つ場合は住宅ローンの返済があり、賃貸であれば毎月の家賃の支払いがあります。

 

しかし住宅ローンはいずれ返済が終わり、その後は支払いがなくなるため、この点を総合すると賃貸の方が高くつくとも言えます。

 

 

持ち家の場合は、同じ所に定住し続けることになる上のデメリットが存在します。

近隣住人トラブルを抱えてしまった場合は、裁判を起こしたりやむなく引越しを余儀なくされるケースもありますし、同じ家に住み続ける以上は年数が経過すれば当然老朽化が進み修繕しなければなりません。

 

これが賃貸の場合は、基本的には大家さんが修繕やメンテナンスを行ってくれるために、そのような手間や費用は不要です。

 

つまり、持ち家の場合は初期費用こそ頭金や手数料でまとまったお金が必要になるものの、総合するとそれほど変わらない、とも言えるのです。

 

しかし十分な頭金を用意できるなら、住宅ローンの支払いは少なく済むため、貯金を持っている場合は持ち家の方が有利です。

 

 

一方で賃貸の場合は引越しが簡単なのもポイントで、ライフスタイルの変化にあわせて住む地域や部屋を変えることも可能です。

子供がいる場合は、子ども部屋を設けるために少しでも広い家が理想的であり、それを見越して持ち家を考える方も多いのです。

 

注文住宅の場合は、間取りや収納スペースを考えて作る事が可能であり、その点では賃貸以上に優れているのです。

 

しかし持ち家と賃貸のどちらが良いのかは、永遠のテーマであり夫婦や家族のライフスタイルによって違う、ということです。
どちらを選んだ場合も一長一短であり、夫婦間で話し合いをして十分に吟味し、後悔しないように決めていきたいものです。