マイホーム購入の際の不動産会社選びのポイントをまとめました。

不動産会社を選ぶ時のポイント~失敗しない為に大切な事~

MENU

不動産会社選びが大切な理由

夢のマイホームを実現するための方法としては、新築の家や分譲住宅を購入したり、中古物件を探すなどありますが、どんな方法で購入するにせよ、不動産会社選びがとても大切になります。

 

そもそも不動産業者とは、あなたが家を購入するためのさまざま手助けをしてくれるものです。

 

不動産を取引する場合は、売り主と買い主が取引することになりますが、その間に入るのが不動産業者であり、支払いや物件引き渡しまでを代行する販売代理形式のタイプや、物件紹介を行う仲介形式の不動産業者がいます。

 

これから住むことになる新しい地域については、通常ならばほとんど手探りの状態なので土地勘も人脈もほとんどありません。
しかし不動産業者はその地域にて長年不動産の取引を重ねてきたことで、さまざまな情報に精通している専門家なのです。

 

紹介を受けられる空き地や中古物件、そして建築を行ってくれる工務店などは不動産業者によってそれぞれ違いますので、どの業者を選ぶかで違ってくるのです。
不動産業者が所有している物件は、外から眺めていてもはっきりとわからないのが問題といえます。

 

これは、不動産業者ではなく売り主の希望により、広く知らせてほしくない、本当に購入してくれる人にだけ教えるようにしているためなので、しっかり不動産業者と関係を深めていくことが大切です。

 

不動産業者はさまざまであり、購入したい物件によって適切な会社や営業マンを選ぶ必要があります。

不動産業者を選ぶ場合のポイントとしては、物件に関する情報量の多さが一つの決め手となります。
会社の規模が大きければ大きいほど情報量は多くなりますが、一方で質の高さにも注意しなければなりません。小さな会社であっても、地域に密着した業者であれば、情報量が少ないながらも質の高い不動産を紹介してもらえます。

 

不動産業者には、不動産紹介だけでなく、より良い住宅ローンを紹介する役割があります。可能な限り負担が少ない、買い主に適切なローンをしっかり選んでくれる方が望ましいのです。

住宅ローン控除について

 

住宅ローンのイメージ

 

契約し、実際に家を購入した後もアフターケアをしてくれる不動産も一つの選びたいポイントです。

 

しかし、いくら良い不動産会社を発見できても、担当者選びこそが重大な要素といえます。

不動産を扱うためには宅地建物取引主任者を、5人に1人の割合で配置しておかなければなりません。
もちろん宅地建物取引主任者でなくとも不動産の紹介を受けることは可能ですが、資格をもっている方に担当してもらった方がよりよい不動産を発見できるかもしれません。
宅地建物取引主任者かどうかは、名刺にしっかりと記載されているので、一度確認してみましょう。

 

営業の方はいわばパートナーとして活躍してもらいたいので、いくら資格を持っている方でも意思疎通が困難だったり、人間的に信頼できないタイプの方であった場合は、担当者を変えてもらうなどの工夫も必要です。

 

物件を選ぶ場合に大変重要になるのは、家を買う方のライフプランです。

住宅購入は人生の中で1度あるかないか、という大仕事ですが、不動産業者の担当者からすると何人もいる利用者の1人でしかありません。
すべての担当者が、親身になって考えてくれるとは限らないため、もっとも注意したいポイントなのです。

 

家を買うための資金がいくらあり、どんな規模の家に住むことを希望しているのかをしっかり、営業の方に伝えることが重要です。

 

自分が希望している予算を超えてしまうような物件しか紹介しなかったり、希望通りの物件を紹介してくれない場合は、その担当者には要注意です。
家を購入する場合の予算はさまざまな理由で膨らんでしまうことが多いため、可能な限り低く抑えるべきですが、そこまで考えてくれない担当者というのも残念ながら存在するのです。

 

希望の部屋

 

信頼できる担当者に巡りあうことができたならば、住宅購入はほとんど成功したも同然、といっても差し支えないほどなので、不動産業者と担当者選びには十分に気を使いましょう。

 

マイホーム購入までの流れ